Research

研究紹介

・そもそもLSI(Large Scale Integration)とは?
 IC(集積回路)のうち,素子の集積度が1000個〜100万個程度を指します.また,単にICの同義語の意味として使用することもあります.1970年代にそれまでの初期のICから飛躍的に集積度が高まった技術や製品を区別するために生まれた呼称ですが,現在では「IC」という語と同じく単に半導体集積回路一般を指す言葉として使われています.

 LSIは非常に重要な働きをしています.人間で言う心臓のようなものです.実際の大きさは約10mmとかなり小さいです.LSIはさらに小さなトランジスタから構成されており,その大きさは1〜3μmとなっています.1μmってどれくらいの大きさか想像できますか?人間の髪の毛の太さが約80μm, 霧の粒子の直径が約10μmです.つまり,髪の毛を縦に80等分したもののひとつが,LSIを構成しているトランジスタ1個の大きさなのです.そして,このLSIがいろんな製品の機能の動作をつかさどっているのです.

・LSIテストは重要です
 製造したLSIにはある程度の確率で壊れたものが含まれます.現状ではすべて壊れないように製造することは不可能です.その為壊れたLSIを取り除くことが必要になります.この作業を「テスト」といい,製造したLSIを検査し,市場に出すことは製品の信頼やメーカーの信頼に繋がり非常に重要です. しかし,テストには非常にコストが必要となり,あまりにもテストにお金をかけすぎると利益が無くなってしまいます.この為,効率的にテストができ低コストが実現できるような方法が重要になります.


・こういう研究してます!
 - FPGA※1を使った,テストの評価用回路の作成・特性評価
 - C言語やEDAツール※2を使った,テストのシミュレーション・手法評価
 - 試作チップの設計・特性評価
 - データマイニング※3によるテストコスト削減


・こういう学生さん歓迎!
 - 色々機械・プログラムをいじってみたい方
  - FPGAや測定機器があり,自分で回路を作成したり特性評価をしたりできます
  - C言語ベース・EDAツールのプログラミングの改良・シミュレーション評価も行ってます

 - 自由に勉強したい方
  - コアタイムがないので,ゼミ以外に計画的に研究・就活が行えます
  - 3つ研究室合同で,多くの学生・先生方が居るので分からないことも話しやすいです

 - 国内・海外に行ってみたい方
  - 学会や国際交流の機会が多い研究室です.チャンスがあれば勉強しに行けます
   (全国各地,海外ならアメリカ,韓国,中国,台湾,ドイツなど)


 何か分からないことがあれば,気軽に学生・教員にお尋ねください!



 ※1 FPGA(Field-Programmable Gate Array):ユーザがプログラミングによって自由にロジックや配線を書き換えられる回路
 ※2 EDA(Electronic Design Automation)ツール:半導体設計用の自動ツール
 ※3 データマイニング:データ解析によってビッグデータから規則性を見つけ出す技術

ゼミ

・ゼミ(梶原・温・宮瀬研合同)
 -4〜5月:半導体テストの勉強(週2回ペース)
  - 初心者向けの教材を読み,輪講を行います

 -6〜7月:英語の勉強(中身は半導体関連)
  - 上記同様,輪講を行います

 -8月以降:各研究室にて
 ゼミの進み具合で前後あり,ゼミ内容も変更の可能性あり

その他に学会や講演,他大学の交流などあり

研究室紹介

梶原・温・宮瀬研合同部屋になっています
・学生大部屋
・学生小部屋(3つ)
・ゼミ部屋
・サーバ室
・教員室(4つ)

アクセスはこちら



Copyright(C) 2008 Kajihara & Wen Lab. , All rights reserved.